トップへ▲

仙台けやき探偵事務所は、あなたのお悩みを笑顔にかえます! 信頼と安心の実績 低料金で証拠をお取りします!

個人情報の管理

依頼者からお預かりした大切な個人情報だけに、外部に流失しないため管理を徹底しております。
管理の具体的な方法とは、報告書を依頼者にお渡し後21日保管し破棄します。
個人情報は、持っているから外部に流失しますが持っていなければ流失しません。仙台けやき探偵事務所では、どんなにセキュリティを高めても内部の人間(スタッフ)や外部の人間(第三者)が持ち出さないとも限りませんので、破棄することで流失を防いでおります。

そもそも個人情報とはどんな物を指すのでしょうか?個人が特定できる情報を指します。ご依頼者や対象者の情報が詰まっている物になりますが家族の情報も含まれると当社では考えます。具体的には、氏名、住所、本籍地、電話番号、車両ナンバー、写真、生年月日、学歴、職歴、病歴、財産、家族構成など多数存在します。
個人情報は間接的な情報と直接的な情報があり、間接的であれば直接個人を特定する情報にはなりませんが何個か揃えば直接個人を特定することが可能になります。個人が特定できるほどの情報が漏れるとどのようなことが起きるのかという点が気になるのではないでしょうか?

実際に起こった事例は、親族が亡くなったことを知られてしまい香典泥棒の被害にあってしまう、宝くじの高額当選者であることを知られてしまいさまざまな勧誘や寄付の連絡がくる、商品購入情報が知られてしまい類似商品のセールスがしつこくくるようになった、未納金があることを告げる手紙が届き代金を請求される、パスワードを知られしまいインターネット環境を乗っ取られてしまいさまざまなトラブルに巻き込まれる、SNSの写真より指紋を読まれてしまい被害にあう、自宅の鍵を複製されてしまい部屋に入られてしまうなどの巧妙な手口が現在は増加しております。セキュリティー対策が万全とうたっている仮想通貨ですら消失してしまう現代です。
個人情報とは、何かしらの被害に遭う可能性がある情報であると考えられますから、言動や行動といったところからも情報を得られてしまいます。やはり個人情報を万全にすることは難しいでしょう。開けることの出来ない鍵を作成する、その鍵を開けることができるようになる人が現れる、という防犯対策のイタチごっこと同様の流れを繰り返しています。
金庫を例に上げるとするのなら、金庫に大切な物が入っているのではないのかと予想がつきますよね。金庫はセキュリティーが高いと思われている方も多いのではないでしょうか?しかし、平成23年度で被害届けが出されたものだけでも2611件ございます。何をお伝えしたいのかと申し上げますと大切な物がそこにあると判明するような宝箱を置いていてはいけないということです。徳川埋蔵金のように宝がある場所は特定されてはいけないのです。特定されれば持ち出す人もいます。

当社では、契約書をすぐに破棄し個人が特定できない資料として情報を書き換えて調査終了まで持ち歩きます。仮に資料を紛失しても問題が発生することはございません。調査終了後には、報告書の作成を行う際に作成場所を特定されないために事務所ではない場所で行っております。その後、すぐにご依頼者に報告書をお渡しいたします。21日データは保管した後に破棄いたします。21日間保管期間を設けている理由は、ご依頼人が報告書を紛失してしまい、再度発行のご要望にお応えするためです。

ここまで個人情報の管理を徹底するのには正直苦労いたします。しかし、上記の内容通りトラブルがあるのも事実ですから、未然に防ぐために徹底しております。個人情報が漏れることで起きる損失が恐くて探偵社にご依頼をためらっている方がいらっしゃいましたら、仙台けやき探偵事務所にご安心してご相談ください。また、ホームセキュリティをお考えの方や防犯グッツ備えたい等のご相談も受け経っておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 料金を見る
  • メールで相談する
  • お電話で無料相談 0120-038-777 (年中無休 24時間受付)